悩み

看護師の悩みは人間関係!女性社会の怖さが若い看護師を悩ます

看護師

■看護師の悩みは「女性同士の人間関係」に尽きる!

看護師は、女性も男性もなることが出来る職業です。

「看護師」という名称も普及し、病院にいても「看護婦さん!」と声をかけられることはだいぶ少なくなってきました。

けれど、実際に男性看護師が多いかというと、まだまだ人数は少ないのが現状です。

統計によると、男性看護師は全体の5%程度と言われています。つまり、20人に1人。

多くが都心であったり、救急外来へ配属されることも多いので、地方の中規模・小規模な病院ならば、男性看護師ゼロ!というところも多いでしょう。

女性が多いと、人間関係の悩みはつきものです。

続きを読む

クリニックの看護師の意外な悩み

看護師のストレス

学生時代、友人と「結婚して子供ができたらクリニックで働きたい」「夜勤はどんどん辛くなるからクリニックで働きたいよね」と話していました。

学生に頃でただの想像だけで思っていた頃は、クリニックは楽なんだろうと考えていました。

現在看護師3年目で、ご縁あって、精神科と心療内科を標榜するクリニックに勤めています。

クリニックに勤めてクリニックも楽じゃないなと実感しましたので、クリニックで私が実際にしている仕事を紹介したいと思います。

続きを読む

看護師が辞めたい!と思う時と看護師を続ける理由

看護師辞めたい

看護師は、人間の生命に携わるため、大きな責任を必要とします。その責任とは、患者さんの命を支えるということです。

例えば、軽快に向っている患者さんに対しては、患者さんが病気や怪我を克服し、社会に復帰できるような看護をしますし、病気や怪我の状態が良くなければ、良くなるように看護します。

そして、時には病気や怪我が治らず、死を迎える患者さんもいます。そういった患者さんにも、看護師はより良い死を迎えられるような看護をしなくてはなりません。

続きを読む

若い美人看護師の人には言えない10個の悩み

精神科の看護士

私は3年目看護師です。

看護大学卒業後、精神科に勤めたい!という思いと、都会ではなくゆったりしたところで働きたいという思いから、地方の精神科単科病院に勤めました。
今は精神科のクリニックに勤めています。

そんな若手看護師の私の悩みは、 続きを読む