人間関係

精神科の看護師の人間関係

精神科の看護士

看護学生時代、実習先の病院や病棟で雰囲気の良し悪しは何となく感じます。

実習中や就職する病院を決める時にも「あそこの病院は人間関係いいらしいよ」「あそこの病院は人間関係悪いらしいよ」等とどこからともなく、人間関係の良し悪しに関する情報がはいってきます。

就職を決める場合、給料や新人教育など重視するところは人それぞれだと思いますが、人間関係も重要なのではないかと思っています。

続きを読む

看護師の悩みは人間関係!女性社会の怖さが若い看護師を悩ます

看護師

■看護師の悩みは「女性同士の人間関係」に尽きる!

看護師は、女性も男性もなることが出来る職業です。

「看護師」という名称も普及し、病院にいても「看護婦さん!」と声をかけられることはだいぶ少なくなってきました。

けれど、実際に男性看護師が多いかというと、まだまだ人数は少ないのが現状です。

統計によると、男性看護師は全体の5%程度と言われています。つまり、20人に1人。

多くが都心であったり、救急外来へ配属されることも多いので、地方の中規模・小規模な病院ならば、男性看護師ゼロ!というところも多いでしょう。

女性が多いと、人間関係の悩みはつきものです。

続きを読む

看護師が辞めたい!と思う時と看護師を続ける理由

看護師辞めたい

看護師は、人間の生命に携わるため、大きな責任を必要とします。その責任とは、患者さんの命を支えるということです。

例えば、軽快に向っている患者さんに対しては、患者さんが病気や怪我を克服し、社会に復帰できるような看護をしますし、病気や怪我の状態が良くなければ、良くなるように看護します。

そして、時には病気や怪我が治らず、死を迎える患者さんもいます。そういった患者さんにも、看護師はより良い死を迎えられるような看護をしなくてはなりません。

続きを読む

若い美人看護師の人には言えない10個の悩み

精神科の看護士

私は3年目看護師です。

看護大学卒業後、精神科に勤めたい!という思いと、都会ではなくゆったりしたところで働きたいという思いから、地方の精神科単科病院に勤めました。
今は精神科のクリニックに勤めています。

そんな若手看護師の私の悩みは、 続きを読む