看護師と薬剤師の力関係は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

病院には、いろいろな人が働いています。例えば医師だったり看護師だったり。その他には看護助手や検査技師、薬剤師や作業療法士などです。

こういった人たちが、各部署で連携しながら働いています。

この中で密接に関係があるのは、医師と看護師ですが、看護師と薬剤師にも密接な関係があります。

それはなぜかと言うと、患者さんを治療するためには、薬が欠かせないからです。


医師と看護師と薬剤師には密接な関係がありますが、よく耳にするのは、看護師と薬剤師、この2つの職業は、力関係ではどちらが上なのか?ということです。

現在は院外処方が当たり前なので、薬剤師の存在はとても大きなものになっています。

しかし、院外処方という制度をきちんと取り入れる前は、小さなクリニックなどでは、薬剤師が常駐していない場合がありました。
それでも、医師も看護師も薬のことに関しては知識があるので、問題はなかったのです。

そのため、以前の薬剤師はどちらかと言うと、今のように患者さんの前に出て薬の説明をすることはなく、調剤室にいるのが普通でした。

そういったことで、以前の看護師と薬剤師の力関係は、どちらかと言えば、看護師の方が上だったのです。

しかし、現在は、治療方針などに対して、患者さんにしっかりとした説明をすることが重要になってきています。
そのため、医師や看護師が治療方針や看護などの説明をするだけでなく、治療に必要な薬の説明も、専門である薬剤師がしっかりと行わなければならないのです。

そのため、現在では、どの病院にも必ず薬剤師がいますし、クリニックにも、薬局が併設しています。
薬もどんどん進歩をとげているので、やはり、専門の知識を持った薬剤師は必要なのです。

そういったことで、現在では、看護師と薬剤師の力関係は同等と言えます。

やはり、看護師は薬の知識は持っていても、薬剤師の様に専門的な知識までは持っているわけではありません。看護師には看護という専門的な知識があるように、薬剤師にも薬という専門的な知識があります。その『専門性』をお互いが尊重して、連携しているのです。

私は現在看護師としてクリニックに勤めています。私の勤めている所は産婦人科です。そして、クリニックの隣に薬局が併設しています。

クリニックで患者さんに使用する薬は大体が決まっていますし、薬剤師はクリニックの隣の建物にいるため、普段はなかなか顔を合わせることがありません。
しかし、時々は、クリニックで扱っていない薬を耳にしたり見たりする場合があります。そんな時は薬剤師に薬の問い合わせをしたりしますし、患者さんが妊婦さんの場合は使うことができない薬がありますので、初めて見る薬や、患者さん自身が他の病院で処方された薬が内服しても大丈夫かなどの確認もすることがあります。

そんな時、薬剤師は、とても親身になって話を聞いてくれますし、薬の効果などを詳しく教えてくれるのです。

また、大きな病院では、看護師と薬剤師の関係は特に密接なものとなります。
それはどういうことかというと、先ほども言ったように、治療には薬が必要なことがありますが、患者さんの状態によっては、薬の量などの加減も必要になってきます。
薬剤師は医師より処方された薬を処方しますが、患者さんの状態を良く知っているわけではありません。どちらかというと、患者さんの状態を知っているのは、看護をしている看護師の方です。

ですので、看護師が薬剤師に患者さんの状態を伝え、薬剤師は看護師に、患者さんに処方されている薬の情報を詳しく教えることで、より患者さんの治療に役立ちますし、看護師は医師と薬剤師の橋渡しもできるので、治療もよりスムーズに行うことができるようになるのです。

しかし、そうは言っても、全く問題がないわけではないようです。

医療現場において、看護師と薬剤師は同等の力関係で協力し合っているとしても、やはり人間ですし、それぞれの考え方も違うので、時にはぶつかってしまうことがあります。
また、看護師は女性が多いのに対し、薬剤師の場合は男性が多いです。そのため、女性と男性の価値観の違いから、対立してしまうこともあるようです。そして、女性が多い職場にありがちな人間関係のトラブルにも薬剤師が直面することもあるようです。

患者さんを治療する場は、入院患者さんであればベッドの上です。そして、患者さんに密接に接するのは、看護師です。看護師は病院の中で、実に幅広く動いています。そういった看護師のフィールドと言える場所に、薬剤師が入り連携するのは難しいことなのかもしれません。

でも、看護師は多忙なので、薬剤師が行える分野は補ってほしいと思っています。
看護師と薬剤師の男女間のトラブルやお互いが対立してしまうことは、チームワークに悪影響を及ぼすので、できれば避けたいことです。

お互いの立場的に難しいこともあるのかもしれませんが、看護師も薬剤師も必要な専門分野であるのには変わりありません。
ですので、どっちの力関係がどうとかではなくて、お互いを尊重しあいながらチームワークを大切にして働いていけるといいですね。

看護師の転職
⇒もしもの時のために・・・!B美さんになりたい場合にはこちら!

このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。