看護師が転職する時の志望動機とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師の仕事はハードなために、よっぽど自分に合っている職場でなければ、なかなか続かない人が多いですよね。そのため、3年間同じ職場で働いていると、「長く勤めてますね。」と言われるくらいです。

しかし、辞める人がいれば、転職をする看護師もいます。

このお話を読んでいるみなさんは看護師だと思いますが、みなさんは、これから転職を考えている人がほとんどだと思います。

転職をするためには、自分が入職したいと思っている病院で、面接を受ける必要があります。
その面接で、よく聞かれるのが、『志望動機』です。

志望動機は、面接で必ずと言っていいほど聞かれるものですし、履歴書にも書かなければいけません。
この志望動機がしっかりとしたものでなければ、面接で不合格になってしまうことがあります。

しかし、この志望動機を考えるというのも、難しいものですよね。
みなさんは、どういった志望動機を考えていますか?

一口に志望動機と言っても、いろいろとありますが、ただ考えればいいものではなく、志望動機には、良い志望動機と良くない志望動機があります。

そこで、今回は、面接に合格するような志望動機の考え方をご紹介したいと思います。

1.自分が病院側に伝えたい動機と、病院側が求める動機の違いとは?

みなさんは、志望動機を考える時に、自分が入職したい病院の科に対する動機を考えると思います。
しかし、時には、自分が病院側に伝えたい動機と、病院側が求める動機との違いがある場合があります。

まず、確認しておきたいのが、先ほど言った、自分と病院側との志望動機の目的の違いです。

みなさんは、志望動機を考える時に、『自分がその病院に対して良いと思った理由を述べるもの』と、思っている人はいますか?きっと、みなさんの中には、「貴院の〇〇というところに魅力を感じました」というような志望動機を考える人がいると思いますが、それは間違いです。

それはなぜかと言うと、病院側は応募者に、病院の良いところを述べて欲しいわけではないからです。病院側が応募者に求めるものは、応募者のやる気や、病院にどのように貢献してくれるのかというところです。

病院から見れば、やる気が無かったり、病院に貢献するような働きができなければ、病院側としては必要のない人材だということになります。
そのため、病院側は、やる気がある人や、病院に貢献できるという人を採用したいのです。

2.言ってはいけないダメな志望動機とは?

では、実際に面接で言ってはいけない志望動機とは、どのようなものなのでしょうか?

面接言ってはいけない動機については、いくつかあります。
「貴院で看護師としての基礎を教えていただきたい」などの、教えてもらうことに頼ろうとする言い方は、病院側から見れば、病院に貢献しようとしない受け身な人だと捉えられるおそれがあります。

また、「貴院の理念に大変感銘を受けました」といった、理念などを引用してそれに感想をつけるといった内容や、「貴院の教育制度が充実している」といった、病院を褒める内容は、病院側の長所だけを述べる形となります。
確かに病院側は褒められることに対して嫌な気はしませんが、採用担当者は、こういった動機を多く耳にしています。
ですので、時には、褒め言葉が逆効果になる場合があります。

また、みなさんが働く上で重要視するのは、給料面や待遇についてですよね。
確かに、働くのであれば給料が良くて待遇もいい所で働きたいと思うのは誰でも同じだと思います。しかし、「お給料をアップしたくて…」といった動機や、「貴院は福利厚生が充実しており…」といった動機は、病院側にとっては、他の病院の給料が良ければすぐに辞めてしまうだろうと思われる場合があります。

このように、受け身な姿勢や自分中心の考え、ただ褒めちぎるといった内容の動機は、相手に良い印象を与えず、採用されないことがあるのです。

3.良い志望動機とは?

では、どのように志望動機を考えればいいのかというと、病院側が自分に関心や興味をもってもらえるような自己PRをすることが大切です。

具体的には、「自分には、〇〇(長所やスキル、知識や技術、経験など)があるので、貴院に貢献できます」といった内容や、自分の魅力を伝えることで、ぜひ採用したいと思わせるような志望動機を考えることが大切です。

例えば、「私は気配りができる人間だと思っている」や、「看護師として必要なスキルを見につけることで、貴院に貢献できる看護師を目指したい」といった、自主性や積極性をアピールすると良いでしょう。

また、組織にとって価値があることをアピールすることも良いですね。ただし、そういったアピールの際には、傲慢な物言いにならずに、謙虚にすることが大切です。
このようなことを踏まえて、志望動機を考えると、病院側にも良い印象を与えるとともに、ぜひ採用したいと思ってくれるのではないかと思います。
そして、面接では、笑顔でハキハキとした物言いで面接を受けると、それもまた好印象を与えます。

面接は、自分が働きたい就職先に入職するための大切な事柄です。
特に志望動機は、面接をする病院側にとって、最も重要視する部分です。
これから面接を受ける人は、ダメな志望動機を言って不採用にならないように、良い志望動機を考えて面接に臨んでくださいね。

看護師の転職
⇒もしもの時のために・・・!B美さんになりたい場合にはこちら!

このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。