外科の看護師の給料(年収)は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

全国には、たくさんの病院がありますが、病院の数だけ患者さんがいますよね。
そして、近年はがんや脳卒中などの発生率が増し、それにより、手術を受ける人がたくさんいます。

そこで、手術を受けるには、外科に受診する必要があるわけです。

全国の病院には、必ず『外科』がありますが、そこで働いている看護師はたくさんいます。
イメージ的にもハードな外科ですが、やはり、外科で働く看護師の仕事は、イメージ通り激務です。
勤務のシフトは日勤と夜勤のローテーション制ですし、残業も多いです。

それだけハードな外科ですが、ハードならばハードなりに給料はもらいたいですよね。皆さんも、働いているのですから、給料の面はとっても気になると思います。

そこで、気になるのは、「外科の看護師は、どのくらい給料をもらっているのか?」ということです。

外科には細かく分けるとたくさんの専門外科があります。
例えば、脳神経外科や心臓外科、血液外科や整形外科など、数えるとたくさんあります。
それに、外科と言っても、重症の患者さんの多い大きな病院から、比較的重症度の低い患者さんのいるクリニックまで、病院の形態も様々です。
また、病院の数が多い東京都などの大都市や、病院の数の少ない地域などもあります。

これらの状況によって、給料には多少の差があります。

そこで、一般的な外科の看護師の年収を言いますと、外科の看護師の平均的な年収は約450~470万円になります。
そして、外科の看護師の年収を月収にすると約35万円前後です。

この金額は、外科の看護師だからというわけではなく、他の科の看護師の年収とさほど変わりはありません。

外科の看護師の給料の内訳は、基本給に加えて、手当があります。
手当の内容は、夜勤手当、休日出勤手当、残業手当と、これも、他の科の看護師と変わりありません。
これに加えて、認定看護師や専門看護師などの資格を取った場合は、資格手当があります。この資格手当も、他の科の看護師にも付く手当なので、他の科の看護師の給料と差はありません。

しかし、血液外科や透析室、ICUなどは、一般外科よりも患者さんの血液を多く扱う機会が多いため、危険手当が付く場合があります。

このように、基本給の他に手当が付くわけですが、ここに挙げた金額は一般外科の看護師の給料なので、専門外科になると、その勤務場所で、給料が違う場合があります。

例えば、脳神経外科では、看護が他の専門外科とは高いスキルが必要ということで、一般外科よりも給料が高い所があります。
また、美容外科も、場所によっては、給料が40万円以上と高めの場合があります。

こういった専門外科によって、給料に差がある場合がありますが、その他の条件でも、給料に差が出る場合があります。

それは、病院の規模だったり、都道府県などの地域的なものでも差が出ますし、看護師の資格の問題もあります。

まず、病院の規模ですが、病院には県や国が管轄する県立病院や国立病院があります。
そして、総合病院などの大病院、中規模の病院、そして、クリニックがあります。これらの病院は主に個人が経営している病院です。

県や国が管轄している病院で働く看護師は公務員になりますので、給料が比較的良い傾向があります。

しかし、総合病院の場合は、専門外科はたくさんあるものの、どこも平均とさほど変わらず一律の場合が多いです。
その他の大病院や中規模病院、クリニックは、経営者の判断となりますので、例えば、患者さんの受診する数が多ければそれだけ売り上げがいいですので、それに比例して給料がいいところがあります。しかし、場所によっては、逆に給料が平均額よりも低い所もあります。

また、都道府県などの地域的なものでも、給料に差があります。この地域性での給料の差が、一番大きいかもしれません。

都道府県別で給料の差を見てみると、東京都や千葉、大阪や京都などの、比較的大きな都市は給料の平均額が月収で約35万円前後と、外科の看護師の平均月収と変わらないことが分かります。しかし、東北の秋田県や宮城県、北海道などの平均年収は約360~420万円で、月収は約30~35万円と低い傾向にあります。
そして、都道府県の中でも一番低い給料の地域は、長崎県や宮崎県などの九州地方で、平均年収は300~336万円、月収は25~28万円です。

私は以前、外科の看護師をしていましたが、当時働いていた場所はクリニックでした。そして、地域が大分県だったので、平均月収がとても安かったです。当時の給料は夜勤をしても、平均で24万円しかありませんでした。

私のように、働く場所や地域で、こんなに安くなるのです。
しかし、大分県などの九州地方は、東京と比べると物価が安いので、その地域を出なければ、暮らせないことはありません。給料の差は、その地域の物価に比例するのかもしれませんね。

先ほどからいろいろとお話をしてきましたが、この内容は正看護師の場合の平均給料です。
ですので、看護師の資格によっても給料に大きな差があります。

看護師には、正看護師と准看護師がありますよね。
外科で働いている看護師のみなさんの中にも、正看護師と准看護師がいると思います。
この区別はどこが違うのかということは、看護師のみなさんなら分かると思いますが、正看護師は国家資格を有している看護師で、准看護師は都道府県の資格を有している看護師です。

看護師の給料は、どこの資格を有しているかでも大きな差が出ます。
一般外科の正看護師の平均月収は先ほど言った通りですが、准看護師の平均年収は240~300万円、月収は約20~25万円なのです。

さて、外科の看護師の給料はいろいろな条件でも変わっってくることをお話ししてきましたが、このことから見ると、外科の看護師の待遇がいいのかというと、他の科の看護師と大差はなく、外科の待遇が特別にいいわけではありません。
しかし、勤務する場所によっては、給料面が良かったり、手当の金額が高かったりと、待遇がいいことがあります。

このことから考えると、外科の看護師の給料は他の科の看護師と比べるとそこまで飛びぬけて高給ではありませんが、勤務する場所や都道府県などの地域によって高給だったりするということになります。

現在外科で働いている看護師のみなさん、また、外科の看護師の給料が気になった他の科の看護師のみなさん、自分がもらっている給料は、平均額と比べてどうだったでしょうか?

給料は働く場所や条件によっても違いますので、「もっと給料をもらいたい!」と思う人は、このお話を参考にしてみてくださいね。

看護師の転職
⇒もしもの時のために・・・!B美さんになりたい場合にはこちら!

このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。