外科の看護師の仕事内容の実態について

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本全国にはたくさんの病院がありますが、病院にはいろいろな専門科目があります。その中でも一番患者さんが多い科は外科と内科ではないでしょうか?

その中でも、外科は緊急性に富み、看護の展開も早い科です。
そして、外科をさらに細かく分けると、脳神経外科や心臓外科、整形外科消化器外科などいろいろあります。

看護師のみなさんは、外科と聞くと、「重症の患者さんや急性期の患者さんがたくさんいて、激務だ」というイメージがあるのではないでしょうか?

確かにそのイメージは一理あると思います。
きっとこのお話を読んでいる看護師のみなさんの中には、外科の仕事内容を知りたいと思っている人や、外科の看護師として働きたいと思っている人がいると思います。

そこで、今回は、外科の看護師の仕事内容についてお話したいと思います。

まず、外科の特徴といえば、やはり手術があることです。外科に入院する患者さんの目的は、手術を受けることです。そのため、急性期の患者さんがほとんどです。
外科の患者さんは、手術を受けた後、創部が治癒すれば元気になる人が多いので、短期間の入院ののち退院するので、入院日数が短い傾向にあります。

外科の看護師の仕事内容は、手術を受けた患者さんの看護をすることですが、特に創部の処置をすることが多いです。
創部の処置は、創部を洗浄・消毒し、軟膏を塗布したりして、包帯交換します。その時に、創部の感染兆候の有無の観察を行うことがとても大切になります。
この包帯交換は、重症の患者さんの場合は医師と行いますが、患者さんがある程度落ち着いてきたら看護師だけで行います。

その他の仕事内容は、手術を受ける患者さんの術前処置や手術の説明、カルテや同意書などの確認作業、オペ送りの準備、患者さんが手術から戻ってきた後に使用する人工呼吸器などの機械の準備などもあります。

このように、外科の看護師の仕事内容は主に手術に関しての看護師になりますが、外科の看護師の大切な役割は、手術を受ける患者さんの精神的なフォローや術後の異常の早期発見をすることが大切な仕事なのです。

外科は急性期の看護を必要とする科ですが、外科の看護師の仕事内容を知って、看護師のみなさんが気になることと言えば、「仕事が忙しいのか?」ということですよね。

外科の看護師の勤務は日勤と夜勤のローテーション制です。そして、日祝日などの休日もローテーションで組まれるので、休日出勤もあります。
また、仕事の状況によっても、残業があります。

しかし、残業に関しては、勤務している病院によります。
外科は手術がメインですが、手術も大きな手術から小さな手術と、手術によっても程度があります。

大病院や中規模病院は大きな手術をする場合があるため、それだけ、看護も注意深く観察をしながら行っていかなければならないため、どうしても激務になります。しかし、クリニックの場合は、大きな手術をするような設備がないため、小さな手術をすることが多いです。術後の観察をすることは大きな手術の術後と変わりはありませんが、術後の患者さんが急変することはあまりないので、大きな病院の外科の看護師よりかは激務ではありません。

私は以前、肛門外科の看護師をしていましたが、勤務病院がクリニックだったため、手術と言っても大きな手術をすることはありませんでした。術後の患者さんの看護をしていましたが、そこまで激務ではなかったので、残業をすることなく、比較的定時で帰れていました。

このように、定時で帰れるのか、残業があるのかということは、勤務する病院によります。

外科は急性期の患者さんがほとんどなので、激務ではあります。そのためか、外科の看護師は、見た目若い人が多いように感じますが、みなさんはどう思いますか?

そうやって聞かれると、外科の看護師の年齢層は何歳くらいの人が多いのかが気になってきますよね。

外科の看護師の年齢層は、比較的若い人が多い傾向にあります。年齢でいうと、20~40歳代が多いようです。これにも理由がちゃんとあります。

その理由とは、その年齢に、一番バリバリと働きたいと考えている人が多いことや、看護師としての技術面を多く習得したいと考えている人が多いためです。
ですので、逆に言えば、40歳代からの年齢の看護師には嫌煙されがちな科でもあります。40歳代以降の看護師は、どちらかといえば、看護が緩やかに継続できる慢性期の多い内科に進む人が多いです。

しかし、40歳代の人が多い外科があります。それが整形外科です。
また、逆に20歳代が多い外科は美容整形外科です。
このように、同じ外科でも、さらに細かい科で言うと年齢層が若干違うことがあります。
ちなみに、私の勤務した肛門外科は、20~30歳代の人が多かったです。

また、外科の看護師には定年はあるのかということも気になりますが、外科の看護師にも定年はあります。しかし、一般的に言われるところの定年ということで、「外科だから何歳まで」といった決まりはありません。
ですが、美容整形外科は、病院によって何歳までという取り決めがある所や、一般的な定年ですが、看護師の年齢層が20~30歳代と若いため、定年まで勤める人はほとんどいないようです。

さて、外科の看護師は急性期の患者さんが多いため、激務になりがちではありますが、やはり、技術的な面を習得したいと考える看護師が多い傾向にあります。
そこで、外科には研修があるのかといえば、研修はあります。研修もいろいろな県でしているので、日帰りで行く場合もあったり、泊りがけで2~3日あったりと、研修の内容によって様々です。

また、外科には異動もあります。この異動は、病院によります。大きな病院の場合は、異動が多い傾向にあります。中規模病院も、異動がある所や、ない所もあります。クリニックに関しては、外来と病棟の仕事をローテーションで行うため、異動はありません。

このように、外科の看護師は何かと大変ですが、だからと言って、やりがいがないわけではありません。

外科の看護師は、扱う分野が非常に多いため、幅広い技術と知識を必要とします。ですので、常に絶え間ない研究心が必要になります。また、手術に対する不安を抱えている患者さんが多いので、十分な精神的フォローも大切です。ですので、外科の看護師には、医療技術以外にも、温かい人間性も求められる分野なのです。

外科の看護師って、とっても大変!でも、技術的にも精神的にもやりがいのある仕事です。
このお話を読んだ看護師のみなさんの中で、外科の仕事に興味を持った人や、外科で働きたいと思っている人は、やりがいのある仕事なので、ぜひ外科の看護師になってほしいと思います。

看護師の転職
⇒もしもの時のために・・・!B美さんになりたい場合にはこちら!

このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。