外科の看護師になりたい!外科の看護師になるには

このエントリーをはてなブックマークに追加

全国には、大小たくさんの病院があります。
その中でも、専門科目はたくさんありますが、中でも患者数が多いのは、外科と内科です。

外科は主に急性期を、内科は主に慢性期の患者さんが対象ですが、看護師のみなさんが気になる科目といえば、外科ではないでしょうか?

よく、医療ドラマで取り上げられているのが外科ですよね。手術シーンや、急変した患者さんが助かる姿を見ると、すごい!と思うこともあります。
外科の看護師の中には、「ドラマを見て、外科の看護師になった」という人もいるくらいです。

このお話を読んでいる看護師のみなさんは、外科の看護師になりたい!という気持ちをもっている人が多いのではないでしょうか?
でも、いざ、外科の看護師になろうと考えても、いろいろな事が疑問になってきますよね?

そこで今回は、外科の看護師になりたい人が思う疑問をいくつかお話していきたいと思います。


まず、外科の看護師になるには、面接を受けて採用されなければいけません。
そこで必要になるのが『志望動機』です。

みなさんは、外科の志望動機をどのように考えていますか?

外科の特徴は、何と言っても『手術があること』です。
ですので、外科の看護師は、手術前後の患者さんの看護をする事になります。

外科は急性期の患者さんがほとんどなので、処置が多いし、術後の感染症の観察が大切です。そして、医療技術もしっかりと身につけなければなりません。
そして、手術前の患者さんの精神的フォローも大切です。

このように外科の看護師には、医療的な知識や技術をたくさん習得するとともに、患者さんの不安をフォローできるような、温かい心をもった人でなければいけません。

それを踏まえた上で、志望動機を持つと良いでしょう。

外科と言っても、細かく分ければたくさんの外科があるので、自分が進みたい外科の志望動機を明確にする必要があります。

例えば、整形外科であれば、「整形外科を専門的に学びたい」や、心臓外科であれば、「心臓外科で最先端医療に触れたい」などです。また、「オペの経験を増やしてスキルアップをしたい」という志望動機でもいいですね。

実際に、外科では、このような志望動機が多いようです。

さて、医療ドラマなどで取り上げられる事が多い外科ですが、外科の看護師に憧れる人は多いと思います。

しかし、外科の看護師になるには、何か特別な資格が必要なのか?ということが疑問に思うのではないでしょうか?

外科の看護師に特別な資格が必要なのかと言えば、特別な資格は必要ありません。
看護師の資格さえあれば、外科で働く事ができます。

ただ、外科と言っても、細かく分ければ、脳外科や心臓外科、消化器外科など、たくさんの外科がありますし、病院の規模によっても、看護のレベルも違ってきます。

ですので、看護師の資格さえあれば働く事ができますが、自分が外科の看護師としてスキルアップを図りたければ、プラスして資格を取る事もできます。
スキルアップのための資格には、認定看護師や専門看護師などがあります。

認定看護師とは、臨床現場におけるスペシャリスト、そして、専門看護師とは、看護ケアのスペシャリストです。

外科での認定看護師には、集中ケア認定看護師、救急看護認定看護師、緩和ケア認定看護師、手術看護認定看護師など、いろいろな種類があります。

また、専門看護師では、急性・重症患者看護専門看護師、感染症看護専門看護師、がん看護専門看護師などがあります。

その他には、専門的な知識や技術を習得できる資格として、救急救命士や3学会合同呼吸法認定士といった資格を取る事も可能です。

外科の看護師として、いずれはスキルアップをしたい!と考えている人は、こういった資格をとるのもいいですね。

このように外科は、看護師としての技術面での知識や技術を習得することができることに加えて、スキルアップが望める科でもあります。
そのため、「看護師として働くのであれば、一度は外科で働きたい!」と考える人が多いです。

私も以前外科で働いていたことがあります。私の場合は肛門外科でした。
やはり、肛門外科にも手術はありますし、術前・術後の看護もあります。
技術面に関しては、やはり、外科で得たものが多かったです。私が外科で働いていた時は20歳代でしたが、やはりその時は、いろいろと習得したい!と思うことが多かったです。

医療ドラマでも取り上げられることが多い外科ですが、やはり外科を志望する看護師はたくさんいます。そこで、外科の看護師が人気なのかというと、どちらかと言えば、20~30歳代の看護師に人気なのです。

ここまでお話を読み進めてみると、「やっぱり外科の看護師になりたい!」という気持ちが大きくなってきた人もいるのではないでしょうか?

しかし、「外科の看護師になるのに、自分は向いているのかな?」と思う人もいると思います。

では、外科に向いている人や向いていない人、そして、向いている性格はあるのでしょうか?

一口に看護師と言っても、その人柄や性格は様々です。ですので、科目によっては向き不向きというものがあります。

しかし、その科目が自分に向いているのかということは、実際に働いてみないと分からないことがあります。

しかし、その科目に向いているのかということに対しては、一般的な見解があります。
もちろん、外科の看護師にも、向き不向きの性格などがあります。

外科は、先ほどからも言っているように、手術がメインの科目です。そのため、患者さんは急性期にあります。そして、短期間で治癒するため、入院期間も短期間という特徴があります。
そのため、看護もめまぐるしく変わりますし、看護師の動きも、実に速いものがあります。
しかし、外科は短期間で治癒をするので、「治った!」という結果がはっきりする科目でもあります。目に見えて結果が出やすいので、やりがいを強く感じることもできます。

そして、外科はどちらかというと技術面が主なので、看護師としてはいろいろな技術を習得できる場でもあります。ですが、技術を習得するためには、日々勉強をしなければいけません。

ですので、外科の看護師として向いている人とは、行動力があって、勉強が大好きな人。そして、経過より結果を重視したい人に向いています。また、判断力も求められる科目ですので、どんな状況にも冷静に判断できる、物事をはっきりとする性格の人に向いていると言えるでしょう。
また、コミュニケーション能力も必要になってくるので、人の話をしっかりと聞ける、温かい心を持った優しい人にも向いています。

しかし、逆に言えば、 ゆっくりと患者さんに向き合って看護したい人や、優柔不断な人には向いていないのかもしれません。

そして、最後に、外科の魅力とは、看護師として大きなスキルアップができる場所であると共に、結果が出やすいので、とてもやりがいを感じることができる所が魅力だと思います。

外科の看護師は非常に激務ではありますが、それ以上にやりがいを感じることができる科目です。
看護師であれば、一度は働いてみたい!と思う外科。
「外科の看護師になりたい!」と思う人は、ぜひ外科の看護師として働いてみてくださいね。

看護師の転職
⇒もしもの時のために・・・!B美さんになりたい場合にはこちら!

このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。