ナースから見たいい男とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

男性から見ると、ナースはどういう風に見えるのでしょうか?

男性から見ると、ナースのイメージは、『白衣の天使』。だからこそ、ナースに告白する人が多いのは確かです。

ナースと聞けば良いイメージがありますし、実際に入院をしたことがある人には、自分の状態が悪い時に、優しくしてくれて、いろいろと助けてくれるナースに恋心をいだくのも分かります。

患者さんの中には、ナースを好きになってしまう人がいるでしょうし、入院したことがない人でも、恋心を抱く人もいるでしょう。

しかし、片想いをしている時も、いざ告白という時も、気になるのは「ナースから見たいい男とはどんな男なのか?」ということではないでしょうか?

ナースに片想いをしていても、自分が相手にどう思われているのかということは、とても気になることだと思います。

では、ナースがいい男と思う男性像は、どのような人なのでしょうか?

私は現在ナースをしています。
今は家庭がありますが、一昔前は独身で、イケメンがいれば、「あの人イケメンだね!」と普通に言っていた一女子です。

ナースは白衣の天使と言われますが、その前に一人の女性なのです。

ですので、容姿的に『いい男』と感じるところは、一般の女性とさほど変わりません。

ただ、ナースという仕事はハードで激務。そのためプライベートの時間が少なくて、出会いの場もなかなかありません。
ナースの出会いは、病院内か、病院に出入りする業者さんと接することや、合コンくらいです。産婦人科や小児科、内科や脳神経外科などは、特に出会の場がありません。

なかなか出会いの場のないナースですが、だからと言って、誰でもいいわけではありません。
医師であろうが患者さんであろうが、イケメンであれば、ナース間でも「あの人イケメンだね!いいね!」と話は出ますが、容姿的に「イケメンがナースから見たいい男」という風には本当は思っていないのです。ですので、容姿だけで実際にお付き合いしたいとアタックする人は少ないようです。

しかし、「本当にこの人と付き合いたい!」となれば、話は別です。
容姿を気にすることについては普通の女性です。でも、ナースは、付き合うとなると、ナースの仕事を理解してくれる人でないといけないのです。

実はナースという仕事は、先ほども言ったように激務ですが、その勤務状況はシフト制です。シフト性には日曜祝日のような決まった休みがありません。シフトは日勤が数日と、日勤の間に夜勤が月に4?5回入ります。また、病院によっては早出や遅出といった勤務時間もありますし、残業だって少なくありません。
そのため、一般の仕事からすると、どうしてもすれ違いの時間が多くなってしまう職業なのです。

ですので、お付き合いをする男性には、そのすれ違いの時間を理解してくれる人でないといけないのです。

そして、ナースには優しいというイメージがあります。確かに優しい人も多いのは事実ですが、ナースをしている女性の大半はとても『気が強い』人が多いのです。

やはり、ナースという仕事は、命を預かる仕事でもあるので責任感がとても強い傾向にあります。ですので、ナースはしっかりとした考えを持つ人が多いため、どうしても気が強くなってしまうのです。そして、ナースという仕事は社会的にも自立しています。そういった所が、『気が強い』ということに関係しているようです。

そして、ナースはいつも身体的にも精神的にも疲れています。

それは、激務ということもありますが、看護をする上では、患者さん全てが良くなって退院するわけではありません。患者さんの中には、治療や看護の甲斐もなく悪くなり、亡くなってしまう人もいます。ナースは看護をしながら、そういった患者さんを見ていかなくてはいけません。

仕事上のことであることは分かっていますが、人が悪くなっていくのを見たい人なんていませんよね。ナースはそんな人のために、その人が良くなるように役に立ちたいと思っています。でも、自分の力不足だと思った時は精神的苦痛を伴ってしまうのです。

そういったことから、ナースは疲れています。ですので、そういった心の疲れを癒して包み込んでくれるような人を求めているのです。

このことから言うと、ナースから見たいい男とは、容姿的にはイケメンであるとなおうれしいですが(笑)、どちらかと言うと、包容力があって、優しくて、ナースという仕事と自分を理解してくれる人が、ナースから見た『いい男』なのです。

この文章を読んだ人の中には「めんどくさいなぁ」と思った人もいるかもしれません。しかし、ナースは、ナースという以前に一人の女性ですし、人間です。
疲れもするし、心だって折れることがあります。そういった所を逆にケアしてくれる男性に惹かれるのです。

ナースから見たいい男は、「包容力があって優しくて、ナースという仕事と自分を理解してくれる人。」そして、逆にケアをしてくれる人です。

あなたはどんな男性ですか?

ナースにもいろいろと事情があるのですが、そうは言っても、やっぱり「ナースとお付き合いをしたい!」、「ナースに告白しようと思っている!」そう考えている男性の方は、『ナース』ではなく一人の女性として、ぜひアタックしてくださいね。

看護師の転職
⇒もしもの時のために・・・!B美さんになりたい場合にはこちら!

このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。